8/27実施!連続シンポジウム企画第2弾「東京2020大会とラグビーワールドカップ2019を地域で生かすためには」開催のご案内

PR

2019年、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。町田市はキャンプ地の招致を目指していますが、この度、町田市が連続シンポジウム企画を計画。第2弾が8月27日(日)に和光大学ポプリホール鶴川で開催されます。

以下、町田市からの詳細のご案内です。

ゼルビアのホームスタジアムでもある町田市立陸上競技場に、ラグビー大国が来る可能性があります。シンポジウムは無料ですので、皆様ぜひ関心を持っていただいて、ご参加いただけますと幸いです。

連続シンポジウム企画第2弾「東京2020大会とラグビーワールドカップ2019を地域で生かすためには」を開催します。

世界的スポーツイベントが連続開催される日本。会場からも近い町田市で大会開催を生かすには、どんなことを考えてら良いのでしょうか?

 2019年に開催されるラグビーワールドカップ2019では、開幕戦が東京スタジアム、決勝戦は横浜国際総合競技場で開催される予定となっています。また、2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、東京スタジアムを始め、都内各地が競技会場となります。
 世界的スポーツイベントが2年続けて近隣で開催される町田市。大会の開催によって、地域にどんな影響が生まれるのでしょうか?また、大会の開催を地域の盛り上げに生かしていくためには、どんなことを考えたらよいでしょうか?
 お二人の講師をお招きし、2019、2020に向けた展望をお伺いします。

  • 日 時  2017年8月27日(日曜日)午後6時30分から
  • 会 場  和光大学ポプリホール鶴川
  • 内 容
  1. 講演1 「東京2020大会とラグビーワールドカップ2019を地域でどう生かすか」(株式会社三菱総合研究所プラチナ社会センター長 仲伏達也さん)
  2. 講演2 「サンウルブズがラグビーワールドカップ2019に向けて果たす役割」(講師:一般社団法人ジャパンエスアール代表理事CEO 渡瀬裕司さん)
  • 参加費  無料(どなたでもご参加いただけます)

お申し込み方法

お申し込みは、町田市イベントダイヤル(電話またはウェブ)でお願いいたします。

  • 募集期間:2017年7月21日(金曜日)正午から8月21日(月曜日)午後7時まで
  • 定員:200名(先着順)
  • 対象:どなたでもご参加いただけます。
  • 参加費:無料
  • お電話でのお申込み:042-724-5656(午前7時から午後7時まで)
  • ウェブでのお申込みは下記リンクから(24時間受付)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ウェブでのお申し込みはこちらから(2017年7月21日正午から)

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy
totoに挑戦しながら、ゼルビアを応援しようっ!! totoに挑戦しながら、ゼルビアを応援しようっ!!