ゼルビア観るならDAZNで。

レポート&フォトギャラリー:明治安田生命J3リーグ第15節・SC相模原

試合レポート

【2014 明治安田生命J3リーグ第15節vs.SC相模原 ○2-1】

20140608-163208-0

FC町田ゼルビアは8日(日)、ホームで行われた明治安田生命J3リーグ第15節・SC相模原戦に2-1で勝利した。

今年2度目の『武相決戦』。前回3月の対戦では2-0勝利していたが、相手には元日本代表FW高原が加入。一層、手強い相手となっていた。この日は生憎の雨模様だったが、3,500人を超えるサポーターが集結。そんな期待に応えるべく、強い気持ちで戦った。

それが実ったのか、ゼルビアが先制点を奪った。前半33分、戸高が相手選手に猛烈なプレスを掛けてボールを奪うと、スピードに乗ってドリブル突進。持ち味を発揮してゴールを奪った。

しかし、やはりライバル対決。簡単な試合展開にはならなかった。前半43分、元日本代表FW高原のクロスから、FW服部にヘディングシュートを決められ、前半は1-1で折り返すことになった。

後半もゼルビアは自分たちの戦いを貫き、ゴールに迫った。相馬監督が試合後の会見で「後半の方が少し我々の時間になったと考えていました。ただ最後、1本を押し切るところが足りないなという展開」と振り返ったように、あと一歩という展開が続く。

後半16分には齋藤を投入し、相手の最終ラインにプレッシャーをかけた。そんな中、後半31分、待望の追加点が生まれた。CKのチャンスで、崇文のキックに深津が飛び込んでヘディングシュート。3月の武相決戦でもゴールを決めたDFリーダーが、試合を決める一発を叩き込んだ。

その後、ハイボール対策でペを、ボールキープと状況判断に優れるベテランの藤田と投入し、逃げ切りに成功。2-1で武相決戦を制し、3連勝で首位をキープした。

この日の試合は、ユニフォームスポンサー様の『小田急マッチデー』でもあり、勝利という最高の形で締めくくる事ができた。

ファン・サポーターの皆様、応援ありがとうございました!

▽フォトギャラリー(撮影:山田浩一郎)

20140608-123707-0

20140608-124224-0

20140608-125701-0

20140608-125754-0

20140608-132809-0

20140608-133042-0

 

20140608-135303-0

20140608-135823-0

20140608-144847-0

20140608-145307-0

20140608-145919-0

20140608-150314-0

20140608-150556-0

20140608-150632-0

20140608-151225-0

20140608-151229-0

20140608-152400-0

 

20140608-152832-0

20140608-152936-0

20140608-153103-0

20140608-153156-0

20140608-153210-0

20140608-153217-0

20140608-153440-0

20140608-153625-0

20140608-153741-0

20140608-153823-0

20140608-154205-0

20140608-154354-0

20140608-154448-0

20140608-160502-0

 

20140608-161001-0

20140608-161006-0

20140608-161251-0

 

20140608-161254-0

20140608-161509-0

20140608-161514-0

20140608-161938-0

20140608-162245-0

20140608-162521-0

20140608-163207-0

20140608-163208-0

20140608-163220-0

20140608-163232-0

20140608-163245-0

 

20140608-163423-0

20140608-163927-0

20140608-164139-0

 

20140608-164152-0

20140608-164643-0

20140608-164924-0

20140608-164926-0

20140608-165207-0

20140608-165426-0

 

みんなで記事をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy