【School Diary ~子ども達の未来~】 《第63回 サッカーを通じて》

ニュース
スクール

※これは日頃のスクールでコーチが感じたことなどを書かせて頂きます。みなさんにお知らせしたい事、子ども達やコーチの思いなどを掲載していき、子供たちの輝かしい未来に繋がればと思います。

こんにちは!!!!今年度もラテンのハートで熱く子供たちにサッカーを教えたい、土方周宏です。

 

今回は「サッカー」を通じて、いろんな事を学ぶ事が大切だという事を載せたいと思います。

普段僕らはサッカーの「技術、判断、楽しさ」を教えています。

でも、自分が大事だと思う事は「気づき、行動する、自分を貫く」という人間的な部分です。

世界のトップ選手を見ても素晴らしい選手であり、素晴らしい人なんです。

 

まずは「気づき」です。

自分が何かに気づくことが大事です。

誰かが困っている、間違っていることに気づく、先を予想する・・・練習中や日常の中から色んな気づきや発見をしてもらいたいです。

そこで気づき、発見したことは必ずサッカーや学校生活に繋がるということです。

 

次に「行動する」です。

気づくことが出来たら行動しましょう。

困ってる子に教えてあげる、ふざけてる子に注意する、予想したことを行動に移してみる・・・行動することで誰かのためになり、何が正しくて間違いなのかわかるのです。

常に僕は「チャレンジしてミスしよう!!!ミスは悪いことじゃないよ。ミスして初めて成功への道が見える」と声をかけます。

選手やコーチは何年も何日も何時間も「練習」してきましたが、それと同時に何年も何日も何時間も「ミス」をしてきたのです。

その「ミス」から気づき、学び自分なりの答えやプレースタイルに変わったと思います。

 

最後に「自分を貫く」です。

一番難しい事かもしれません。けど一番大事な事です。

周りの子がどう言おうと自分がドリブルすると決めたらする、困ってる子を助けなきゃと思ったら助ける、次はこんな練習するからマーカー片付けよう・・・誰が言うでもなく自分の想いを貫くことをスクールの中でチャレンジしてほしいと思います。

 

 

小さな意識が、大きな変化になり。

大きな変化が、自分の自信になる。

 

自信とは「自分を信じる」と書く。

自分を貫こう。

 

今後もFC町田ゼルビアフットボールスクールをよろしくお願いします。

スクールコーチ     土方 周宏

前回はこちらhttp://www.zelvia.co.jp/news/news-27723/

 

 

 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy