【School Diary ~子ども達の未来~】 《第48回》練習→上達

ニュース
スクール

※これは日頃のスクールでコーチが感じたことなどを書かせて頂きます。みなさんにお知らせしたい事、 子ども達やコーチの思いなどを掲載していき、子供たちの輝かしい未来に繋がればと思います。

こんにちは、スクールコーチの深谷です。

「練習の先には上達がある」

当たり前のことですが、それを改めて感じたので書きます。

昨年12月中旬、フットサルパーク月曜の指導しているクラスでリフティングを行いました。

そこのある4年生が記録したリフティングの数は「17回」でした。(とても少ないですね・・・)

そんな彼はそこから毎回のスクール後、1時間ほど居残ってリフティングを練習しました。

所属チームでの練習でも毎回居残って練習していたそうです。

そんな彼の一生懸命さを感じ、こちらも「ボールの真下を蹴ろう」「当てるところを空に向けて蹴ろう」など基本的なアドバイスをしていきました。

彼は、そのようなことをスクールの前後や所属チームの練習時に繰り返していました。

そして年が明けて、彼に会うと声を弾ませ言ってきました。

「リフティング60回超えたよ!」

17回だった2週間前より40回以上記録を増やしていました。

 

彼は練習に練習を重ね、「上達」を得ました。

彼はおそらく、その他のサッカーの練習にも真剣に取り組み続けると思います。

それはなぜかというと、今回のように練習の先には必ず上達があると彼は知ったからです。

これを知った彼がますますサッカーにのめりこんで、さらなる上達をしてくれることを願っています。

そしてリフティングが100回を超え、1000回が超える日が来ればいいなと思います。(4年生で60回はまだまだ少ないですから!)

 

<おまけ>

以前サッカー雑誌で見たのですが、元日本代表の小野伸二選手に対して、「リフティングは何回できますか?」との質問がありました。

その答えは

「最後に数えたのはいつか覚えてないけど、小学生の頃だと1000回以上。今なら疲れなければ1日中でも!でも実際は疲れちゃうから1日は無理だけど・・・」

さすがですね!

FC町田ゼルビア

フットボールスクール

深谷 征希

前回の記事はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy
totoに挑戦しながら、ゼルビアを応援しようっ!! totoに挑戦しながら、ゼルビアを応援しようっ!!