ゼルビア観るならDAZNで。

土岐田スクールコーチが町田市立忠生小学校で『キャリア教育授業』を行いました

ホームタウン活動

日頃よりFC町田ゼルビアをご支援いただきまして誠にありがとうございます。


土岐田洸平スクールコーチが12月9日(月)、町田市立忠生小学校で『キャリア教育授業』を行いました。

土岐田スクールコーチは、2018シーズン終了後にFC町田ゼルビアで現役を引退し、2019シーズンよりFC町田ゼルビアスクールコーチを務めています。


今回、忠生小学校より5年生と6年生を対象としたキャリア教育授業とサッカー教室の依頼をいただいたことで、元プロサッカー選手である土岐田スクールコーチが自身の経験や夢・目標を持つことの大切さについてお話しすることとなりました。


キャリア教育授業では『プロサッカー選手とは』をテーマに、プロサッカー選手が試合に向けてどういった準備をしているのか、どんな思いで1日・1週間・1シーズンを過ごしているのか、引退後のセカンドキャリアなどをお話ししました。

プロデビューを前に前日のホテルで感じていた緊張、大怪我を負ってもうピッチに帰れないのではないかと感じた恐怖、目標としていた昇格を達成した大きな喜び、小さい頃から応援してくれていた両親への思いなど、自身の体験や思いを熱く語りかけると子どもたちも目を輝かせて聞いていました。

テーマを設定し、子どもたちが考える時間をもうけ、土岐田スクールコーチが質問をすると子どもたちから積極的に手が挙がり意見を述べてくれました。子どもたちが真剣に考え答えてくれたことに土岐田スクールコーチも大喜びでコミュニケーションをとっていました。


夢・目標を持つことの大切さでは「色々なことに興味を持ってほしい! その中で人に聞いたり・考えたり・見たり・勉強したり色々なチャレンジをしてもらいたい。失敗は全く恥ずかしいことではなく、自分を大きく成長させてくれるから、ゆっくりと大切に夢・目標を育ててほしい。応援しています!」とメッセージを送りしました。

キャリア教育授業の後に行われたサッカー教室では、みんなで協力しながら行うものや対戦形式のメニューで子どもたちも大いに楽しんでいました。




今後もFC町田ゼルビアではクラブ理念の1つである『次代を担う子どもたちの健全な育成と夢の創造に貢献する』のもと、ホームタウン活動を通じて子どもたちを応援してまいります。
キャリア教育授業やサッカー教室等のご依頼はFC町田ゼルビア事務局までお問い合わせください。

最後に町田市立忠生小学校の皆様ありがとうございました。
今後ともFC町田ゼルビアをよろしくお願い致します。

カメラ協力:オリンパス株式会社様
機種:OM-D E-M1 MarkII 詳細:https://olympus-imaging.jp/product/dslr/em1mk2/
商品に関するお問合せはオリンパスカスタマーサポートセンター「0570-073-000(ナビダイヤル)」まで。
※平日および土曜・日曜・祝日 9:30~18:00

みんなで記事をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy