ゼルビア観るならDAZNで。

フォトギャラリー:『FC町田ゼルビア2019シーズン終了感謝イベント』が盛大に行われました!

ニュース

日頃よりFC町田ゼルビアをご支援いただきまして誠にありがとうございます。

『FC町田ゼルビア2019シーズン終了感謝イベント』を1日(日)、鶴間公園運動広場(南町田グランベリーパーク内)で開催しました。午前中は子どもたちを対象としたスポーツ体験会を行い、午後はトップチームの選手・監督・スタッフが登場しました。ファン・サポーターの皆様はもちろんのこと、南町田グランベリーパークに訪れていた方など約1100人の方に盛大にご参加いただき盛大にとり行うことができました。

今シーズンは昨年までとは場所を代え、南町田地区ではクラブとして初めての大型イベントを開催させていただきました。南町田グランベリーパークは11月13日に開業し、25日には来場者が100万人を超えた大規模商業施設です。ファン・サポーターやスポンサーの皆様に2019シーズンのご支援・ご声援への感謝を直接届ける機会を作ること、そして多くの方々にFC町田ゼルビアを知っていただき、ふれていただけるように南町田グランベリーパークで開催させていただきました。

午前中はお子さんを対象にサッカー、チアリーディング、HIP HOPダンス、アクロバットダンスの体験会を実施しました。天候も良く、多くのお子さんに様々な競技を体験していただくことができました。そして各スクール生が発表を行い、会場を盛り上げてくれました。

午後は南町田グランベリーパーク内を相馬直樹監督をはじめ選手・スタッフで練り歩きを行いました。日曜日ということもあり、大盛況のグランベリーパークで多くの方にPRすることができました。

練り歩きを終えると鶴間公園運動広場に移動し参加してくださった皆様とのふれあいを中心にイベントを行いました。まず、代表取締役社長の大友健寿が挨拶を行い、南町田グランベリーパーク総支配人の青木太郎様よりご挨拶をいただきました。その後は選手は3グループに分かれふれあいサッカー、写真撮影会、サイン会と3つのブース、監督・スタッフはふれあいサッカーで多くの方に直接2019シーズンのサポートに感謝を伝えました。

約1時間ほどのふれあいを終えた後はイベントの閉会式へ。井上裕大選手が司会となり大谷尚輝選手、富樫敬真選手、奥山政幸選手、土居柊太選手の合計5名が挨拶し、その後は2019シーズンで退任となる相馬監督が2010年を含めた7シーズンの後押しへの感謝を述べました。そして最後には参加してくださった方と記念撮影を行い、閉会となりました。

改めまして、ご参加いただきました皆様、応援してくださっているすべての皆様、そして今回のイベントの開催にご協力いただきました南町田グランベリーパークの皆様、本当にありがとうございました。

▽フォトギャラリー(撮影:藤井隆弘)

以上

みんなで記事をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy