ゼルビア観るならDAZNで。

動画&フォトギャラリー:『2019 FC町田ゼルビア新加入選手会見』を行いました

ニュース

日頃よりFC町田ゼルビアをご支援いただきまして誠にありがとうございます

FC町田ゼルビアは11日(金)、町田市立陸上競技場にて『2019 FC町田ゼルビア新加入選手会見』を開催しました。

GK増田卓也選手、DF山田将之選手、DF平尾壮選手、MF端山豪選手、MFジョン チュングン選手、MF佐野海舟選手、FW富樫敬真選手、FW岡田優希選手、FW橋村龍ジョセフ選手の新加入選手9名と、唐井直GM、丸山竜平強化部長が出席し、今シーズンの意気込みやクラブの目標などを語りました。

昨季は4位と過去最高の成績をおさめ、一部の方からは大きな飛躍を期待する声をいただいています。それを踏まえ唐井GMは、今年も予算規模としてはJ2の中位程度で、厳しい戦いが予想されることを説明しながらも、目標について「昨年は6位以内ということを相馬監督がJ1ライセンスが無い中でも、あえて宣言してチャレンジをし、それを果たしてくました。今季については、チームはそれ以上を掲げていきたいと思います。クラブとしてはJ1ライセンスを取得する。名実ともにJ1を目指すシーズンとしたいと思います」と宣言しました。

今年からクラブライセンス制度が緩和され、ゼルビアも今後の展開次第では、J1ライセンス取得の可能性が出ています。唐井GMは「予算規模はまだまだ中位クラス。身の丈に合わせて地に足をつけて戦います」と強調しながらも、チャンスが出てきている中で、クラブ・サポーター・地域の掲げる夢の達成に向け、邁進することを目標に掲げました。

新加入選手は一人一人、自己紹介し、自らをアピールしました。

町田出身の端山選手は「僕は地元が町田なのでFC町田ゼルビアに加入することができて嬉しく思っています。それと同時に地元でプレーするということはとても身の引き締まる想いを感じていて、昨年のFC町田ゼルビアのJ2での戦いに自分の何かをプラスして勝利に貢献できたらなと思っています」

岡田選手は「自分は川崎出身ですが、FC町田ゼルビアが大きくなっていく姿をずっと隣から見ていました。Jリーグの中で一番夢のあるチームだと思っています。この夢の実現のためにこのタイミングで加入できることを嬉しく思っています」

ジョン選手は「こんにちは。皆さん、ジョン チュングンです。今年はFC町田ゼルビアの選手になれたから本当に嬉しいです。これから頑張りますので応援よろしくお願いします」

山田選手は「僕個人としては充実感だったり、勝つこと、試合に出ることについて本当に飢えています。その気持ちの部分を見てもらって早くこのチームに認めてもらいたいと思います」

増田選手は「昨年までこのチームに在籍していた髙原選手のようにチームに愛されるゴールキーパーを目指して、J1昇格も目指して頑張っていきたいと思います」

佐野選手は「自分はボランチで持ち味が体力だったり、誰にも負けない球際の部分だと思っています。それをしっかり発揮してJ1昇格に少しでも貢献できるようにやっていきたいです」

橋村選手は「小さい頃からこのクラブにお世話になっているので、その恩返しとして、J1昇格に大きく貢献できるように頑張りたいです。そして町田で名前が残るような選手になりたいと思います」

平尾選手は「昨年対戦したときに最後まで諦めない姿勢であったり、一体感というものをひしひしと感じました。そういうチームでプレーできることをすごく嬉しく感じています」

富樫選手は「選手が何を目指して戦っていたのか、というのがひしひしと伝わってくる昨年の試合をいくつか見ました。このチームで貢献したいという気持ちがどんどん出てきています。その想いを必ずこの年で実現させたいなと思います」

その後はメディアの質疑応答に応え、記念撮影を行いました。上記掲載以上に、選手たちは自身のストロングポイントや自身をどう呼んでほしいかなど、多数のコメントをしております。詳細は、昨年に引き続き今回も動画にて全模様を公開しております。新加入選手の情報が盛り沢山となっておりますので、皆様ぜひ御覧ください!

▽フォトギャラリー

▽動画

以上

みんなで記事をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy