ゼルビア観るならDAZNで。

フォトレポート&動画コメント:より高い順位を目指して!!アウェイ横浜FC戦に向けて始動しました

ニュース

日頃よりFC町田ゼルビアをご支援いただきまして誠にありがとうございます。

トップチームは20日(金)18:30より、アウェイの等々力陸上競技場でJ2リーグ第38節横浜FC戦を行います。選手たちはアウェイでの決戦に向けてオフ明けの17日(水)9:00より、小野路グラウンドでトレーニングを開始しました。

雨が降り、最近は気温も低く冬の近づきを感じる中、トレーニングを実施しました。この日は雨の影響もあってか、ウォーミングアップは普段のオフ明けの器具を使ったフィジカルトレーニングではなく、ボールを使った基礎練習に動きを加え、基礎能力の向上と共に身体をしっかり温めてからトレーニングに入りました。

ウォーミングアップ後は、前節ツエーゲン金沢戦に先発した選手がリカバリー組、その他の選手がトレーニング組と2つに分かれて練習を行いました。

リカバリー組はジョギングや、軽い走り込みを行い、最後にストレッチを実施し、約1時間程度で練習を終えました。ジョギングでは李漢宰選手と井上裕大選手が前節のことを話し、中盤での対応についてコミュニケーションをとっている場面があり、課題の確認や意識の共有を図っていました。トレーニング組は、ミニゲーム形式の練習を敢行。その後にストレッチを行い、約1時間15分程で練習を終えました。

前節金沢戦では5分に失点し、その後19分に吉田眞紀人選手のシュートのこぼれ球を平戸太貴選手がしっかりと押し込み同点ゴール。その後も追加点を獲りに攻める時間帯もありましたが、得点につなげることができず1-1の引き分けで試合を終えました。相手に先制をされましたが、諦めずに追いついての引き分け、同点の状況から攻めている時間帯に勝ち越しゴールを決めるあと一歩、最後の精度が課題となりました。

金沢戦で出た課題、最後の精度の部分を意識してか、練習終了後には前節に途中出場をした戸高弘貴選手が1人で黙々とシュート練習を行う姿がありました。

横浜FCは現在8位とプレーオフ圏内を争っているチームです。通算の対戦では2勝1分2敗と五分の成績になっております。ゼルビアより上の順位のチームとの対戦となり、チャレンジャーとして勝利を目指して戦います。監督が変わるタイミングでの戦いは相手のチームの戦い方がわからないという部分で、非常に難しいものになりますが、ゼルビアは戦い方を変えずに自分たちがやりたいことをしっかりとピッチで表現できるかが勝敗を左右する要因になると予想されます。

横浜FC戦は、アウェイでの開催となりますが、等々力陸上競技場での開催となり、普段J2リーグが開催されない会場となります。金曜日の18:30からとなりますが、皆様の応援が選手たちの力になります。ぜひ現地で勝利への後押しをしていただければと思います。当日会場へ足を運ぶのが難しい方もDAZNでの応援よろしくお願いします。チーム・サポーター一丸となって戦いましょう!

以下、フォトギャラリーと李漢宰選手の動画コメントを掲載します。

▽フォトギャラリー(カメラ協力:オリンパス株式会社様 機種:OM-D E-M1 詳細:https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/em1/index.html 問い合わせ:オリンパスプラザ東京03-5909-0190)​

▽動画コメント

みんなで記事をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • instaglam
  • mixy
totoに挑戦しながら、ゼルビアを応援しようっ!! totoに挑戦しながら、ゼルビアを応援しようっ!!