2016 明治安田生命 J2リーグ

08月07日(日) 19:00 KICK OFF 町田市立陸上競技場
試合終了
FC町田ゼルビア
2
2 - 2
0 - 1
3
レノファ山口FC
ゴール
15' 中村 祐也
25' 中村 祐也
スターティングメンバー
GK 21 髙原 寿康
DF 10 土岐田 洸平
DF 5 深津 康太
DF 37 カルフィン ヨン ア ピン
DF 19 松本 怜大
MF 11 中村 祐也
MF 6 李 漢宰
MF 29 森村 昂太
MF 8 谷澤 達也
FW 30 中島 裕希
FW 9 鈴木 孝司
ベンチスタート
GK 1 内藤 圭佑
DF 3 畠中 槙之輔
MF 15 井上 裕大
MF 17 鈴木 崇文
MF 39 重松 健太郎
FW 23 戸島 章
FW 38 久木野 聡
チーム監督
相馬 直樹
選手交代
41' 鈴木 孝司 → 戸島 章
71' 戸島 章 → 重松 健太郎
85' 谷澤 達也 → 鈴木 崇文
警告
45'+5 深津 康太
48' 戸島 章
73' 李 漢宰
85' 土岐田 洸平
退場
データ
FK 15
CK 4
PK -
シュート 5
警告/退場 4 / -
ゴール
45'+3 島屋 八徳
45'+4 島屋 八徳
82' 星 雄次
スターティングメンバー
GK 1 一森 純
DF 4 小池 龍太
DF 33 北谷 史孝
DF 2 宮城 雅史
DF 3 香川 勇気
MF 10 庄司 悦大
MF 15 幸野 志有人
MF 7 福満 隆貴
MF 29 三幸 秀稔
MF 8 島屋 八徳
FW 50 岡本 英也
ベンチスタート
GK 30 村上 昌謙
DF 21 廣木 雄磨
DF 34 奥山 政幸
MF 17 加藤 大樹
MF 19 星 雄次
MF 26 ルシアーノ
FW 32 中山 仁斗
チーム監督
上野 展裕
選手交代
55' 岡本 英也 → 中山 仁斗
60' 幸野 志有人 → 星 雄次
85' 福満 隆貴 → ルシアーノ
警告
16' 三幸 秀稔
退場
データ
FK 14
CK 1
PK -
シュート 12
警告/退場 1 / -
入場者数 天候 / 気温 / 湿度 ピッチ
4,107 晴、無風 / 26.0°C / 67% 全面良芝、乾燥
主審 副審 第4の審判員
吉田寿光 平間亮, 森川 浩次 篠藤 巧
試合終了
FC町田ゼルビア
2
2 - 2
0 - 1
3
レノファ山口FC
試合経過
▽フォトギャラリー(イベント編)

http://www.zelvia.co.jp/news/news-83408/



▽フォトギャラリー(試合編)

http://www.zelvia.co.jp/news/news-83335/



スタメンが発表された。ゼルビアは前節と同じメンバーがスタメンに名を連ねた。ベンチには戸島が2試合ぶりに復帰した。



対する山口は、元ゼルビア戦士の庄司がスタメンに名を連ねている。また、元ゼルビア戦士で昨季のJ3得点王の岸田は怪我のためベンチ外となっている。



前半は、ゼルビアのキックオフで試合が開始された。



開始2分、ゼルビアが左サイドでFKを獲得する。森村のクロスには誰も触れられずゴールキックとなる。



前半10分が経過した。中盤でボールを奪い合い、両チームともシュートまでは持ち込めない展開が続く。



同15分、ゼルビア先制!!右サイドでCKを獲得する。李の蹴ったボールに深津が頭で合わせ、こぼれ球を中村が押し込んだ。



同16分、山口の三幸にイエローカードが出された。



同20分、相手のクリアを土岐田がダイレクトでボレーシュートを狙うが惜しくもポストに当たってゴールならず。



同23分、山口が右サイドでFKを獲得する。幸野の蹴ったボールをファーサイドで北谷が折り返し岡本がシュートを放つも、間一髪クリアする。



同25分、ゼルビア追加点!!右サイドでCKを獲得する。李の蹴ったボールを相手がクリアミスしてしまう。それを逃さなかった中村が押し込んだ。



同30分、右サイドを抜けだした中島が個人技で相手をかわしPA内に侵入する。中島の狙いすましたグラウンダーのクロスに孝司が滑りこむもわずかに触れることができない。



同37分、右サイドを抜けだした岡本がグラウンダーのクロスを送り、ファーサイドに走りこんだ香川がシュートを放つも、中村が身体を張ってブロックする。



同41分、ゼルビアが負傷により選手の交代。孝司に代わり戸島が送り出された。



前半のアディショナルタイムは4分と表示された。



同48分、庄司のスルーパスに北谷が左サイドを抜け出し、グラウンダーのクロスを送る。これを島屋が決め、失点を許す。



同49分、福満の縦パスをPA内で受けた島屋が反転からシュートを打つ。これが決まり同点とされ、試合は振り出しに戻る。



2−2で前半が終了した。

後半も引き続き応援よろしくお願いします。



両チーム選手交代なく、後半がスタートした。



開始2分、山口が右サイドを攻め上がり、小池が中央の幸野にパスを送る。PA手前からダイレクトで狙うもシュートは枠を捉えることができない。



後半3分、戸島にイエローカードが提示される。



同6分、ロングフィードをPA手前で戸島が頭で反らす。中島が抜け出しシュートを打つが相手GKに防がれ、CKとなる。このCKからはシュートまで持ち込めない。



同10分、山口の選手交代。岡本に代わり中山が送り出された。



同14分、左サイドでボールを受けた松本のクロスに戸島が合わせるも枠を外れる。



同15分、三幸が右サイドへスルーパスを出す。駆け上った小池がシュートを放つも大きく枠を外れる。



同15分、山口の選手交代。幸野に代えて星が送り出された。



同18分、右サイドから中島が早いグラウンダーのクロスを送るが戸島は触れられなかった。



同19分、PA中央で戸島がロングボールを頭で落とすと、反応した中村がトラップで相手をかわす。しかしDFに詰められシュートまでは打てない。



同20分、PA右でボールを受けた星が鋭い切り返しでDFをかわし、左足でシュートを打つもバーの上に外れる。



同24分、左サイドからの香川のクロスを中山がダイビングヘッドで合わせるもゴール右に外れる。



同26分、ゼルビアの選手交代。戸島に代わり重松が送り出された。



同28分、ゼルビア李にイエローカードが提示される。



同35分、左サイドから攻めこみ、混戦の末こぼれ球を拾った谷澤がシュートを放つもDFのブロックに防がれてしまう。



同38分、島屋のクロスを一度は松本がカットするも、クリアを拾われ最後は星がゴールを決めた。これで山口に逆転されてしまった。また、直後にゼルビア土岐田にイエローカードが提示された。



同40分、ゼルビアの選手交代。谷澤に代えて崇文が送り出された。同時に山口も選手交代。福満に代えルシアーノが投入された。



後半のアディショナルタイムは3分と表示された。



このまま2-3で試合終了を迎えた。



たくさんのご声援ありがとうございました。
○試合後の記者会見:相馬直樹監督
「まずは山口さんという、昨季J3でしのぎを削ったライバルと言って良い相手との試合にたくさんのサポーターの方々に来ていただきました。まずはありがとうございましたとお伝えしたいと思います。それと、ここ最近はホームゲームで逆転されることや、リードを守れないような展開になることで、すごくフラストレーションのたまる試合になってしまっていることを申し訳なく思っています。もう起こってしまったことではありますが、選手たちとここをなんとか乗り越えて、今後ホームで勝ちをつかめるような状況を作っていきたいなと思っています。
 今日のゲームに関しては、一つは私の用兵ミスが大きかったと思っています。(私の用兵によって)ゲームの流れが変わってしまったなと感じています。ただ、それだけではなく、これまでのゲームと同じように追い付かれる展開があることや、失点が多いことも含めて、チャレンジャーらしさが失われているゲームだったなと感じています。そのあたりのことは、選手たち、そして自分自身にも問いかけ、アウェイでの連戦になりますが、ファイティングポーズを取れるように準備をしたいなと思います。もちろん、選手たちは頑張って戦ってくれたと思っていますが、もう一つチャレンジする勇気、ゲームの中で、そして90分間、もう一つチャレンジする勇気を出せるようにやっていきたいと思っています」

--前半で負傷交代をした鈴木孝司選手の現時点での状態を、分かる範囲で教えてください。
「病院に行くという話は聞いていますが、現時点で分かっていることはここまでです」

--2-0で鈴木孝司選手が交代したあと、2-2になるまでのピッチ上はどのように見えていましたか?
「まだ前半という時間にもかかわらず、2-0というスコアを、2点差をキープしに行くような形になり、守備でも攻撃でも仕掛けることができていた時間を自分たちで失ってしまったと思っています。ハーフタイムでも選手たちがそういう話をしていたぐらいでした。
 ここ最近は点差があっても追い付かれるという展開が多いので、僕のほうからメンタリティーの面での働きかけをしていかないといけないのかなと思っております。その一方で、チームとしてはこの局面を乗り越えていかないと成長できないと思いますので、この局面を乗り越えるためにトライしていくことで、我々が成長していけるようにしていきたいと思っています」

以上

○レノファ山口FC・上野展裕監督 会見要旨
「2失点をしてしまいましたが、選手たちがよく逆転をしてくれたと思います。今日、こちらのスタジアムには山口からたくさんの方に来ていただきましたし、そして東京在住の山口サポーターの方々にも足を運んでいただき、後押しをしてくださったことに関して、ありがとうございましたとお伝えしたいと思います。
 試合展開は大味な形になりましたが、最後まで守備のほうも体を張って頑張ってくれましたし、攻撃陣も決定機を多く作ってくれました。そんな選手たちを労ってあげたいと思います。2失点した直後の心境? いつも失点をするパターンが同じなので、繰り返さないように練習をしてきましたが、同じような形になってしまいました。でも選手たちはよく盛り返してくれました」

以上

▽選手コメント
○DF深津康太選手
--本日の試合の感想をお願いします。
「本当に失点しすぎなので、まずそこを直さない限り勝てないです。実際ちょっと合ってない、かみ合ってないというところがあって、そこを直さなければいけないと思います。とはいえ切り替えが大事で、点は取れてるので、あとは後ろがしっかりしてあげないといけないと思っています。やっぱり話すしかないし、ここでブレたら絶対にダメだと思っています。サッカーは誰のせいとかではなく、チームのせい。こういう時は絶対に来ると思っていたし、こういう時には絶対に自分から崩れちゃいけないので、より一層、みんなでやっていきたいと思います」

--リードしながら追いつかれるという展開になっている要因は、どう思っていますか?
「今日で言えば、前半を2-0で終わっていたら、こんな結果ではなかったと思います。2点取った後に関しては、同じ繰り返しを何回もしていると思います。ちょっと引いちゃってしまいました。あと、前に行きたい人と引きたい人の間でギャップが生まれてしまって、そこでやられています。とはいえ、誰のせいでもないし、カバーしていきたいです」

○FW中村祐也選手
--セットプレーで効果的に得点できましたね。狙い通りというところでしょうか。
「狙いというか、いつもやっていることなので、そこにいつも以上に力を入れて、点を取れるように気持ちを込めてやりました。それでセットプレーの中から点が取れたと思います」

--2得点ともゴール嗅覚が発揮されたという印象です。あの場面、どう考えてプレーしましたか?
「自分がヘディングで行くという選択肢もあるのですが、ゼルビアの選手は競り合いに強く、触ってくれるので、こぼれ球になると思って動きました。そういうところを狙っていました」

--次戦から連戦ということですが今後に向けて意気込みをお願いします。
「いつも応援ありがとうございます。次はアウェイですが、しっかりと良い準備をして勝てるサッカーをしたいと思います。100%の力で戦いますので、徳島、京都は遠いですが、応援をお願い致します」

○FW中島裕希選手
--本日の試合の感想をお願いします。
「前半の終わる時間帯に追いつかれたところは、ちょっと引いてしまいました。それで、相手に高い位置まで運ばれてスルーパスであったり自由にやらせすぎてしまったと思います。孝司が怪我をして1回プレーが止まった後から、ちょっとずつちょっとずつ引いてしまったかなと思っています」

--次の試合に向けての改善点とサポーターへのメッセージをお願いします。
「改善点は、相手より走ることや球際で相手を上回ること、あとは闘うことだと思っています。それをしっかりやりたいです。サポーターの皆さんには、勝利を見せられなくて申し訳ないです。これからも、自分たちはやるしかないです。しっかりと熱い戦いというのを見せなければいけないと思っています。そのためにも皆さんの熱い応援が必要になってくると思うので、引き続き熱い応援をよろしくお願いします」

以上